topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェネツィアへGo! - 2013.02.14 Thu

水の都Venezia
に行ってきました!

私のミッションはカーニヴァルと友人に会うこと!

色んな人からヴェネチアは良い街だ~。
というのを聞いていたためか、パリ症候群ならぬヴェネチア症候群にかかってしまいました(笑)

というか原因は、大雪なのですが(笑)
最高気温2℃という極寒(笑)
もはや語尾に(笑)をつけずにはいられません(笑)

そして、電車のおくれ(笑)
終電でフィレンツェに帰ってくるつもりが、大雪すぎて、一本電車を早める。
一回までは無料で帰れるもんね~(*^o^*)
と一番早くくる電車に変えて、ホームへ向かうも、

何とわたしは
Venezia Santa Lucia 発の電車でなく、Venezia Mestre (次の駅)発に変えていたのです!
ショックを受けるも、仕方がないのでMestreへ向かおうと
Mestre行きの電車はどれ?
とその辺にいた駅の整備の人に聞くと、
Mestre行きは今動いてないよ。
えー!私フィレンツェに帰らなきゃ行けないのにぃ。もう一回電車変えちゃったしお金ないよぅ。えーん
オフィスにいったら何とかなるかもよ!いってみて!
というやり取りをへてオフィスへ。

あのね、既に切符を購入していたのだけど、時間を早めたくて一回既に切符を変えたのに、動いてなくてどうしたらいい?(かなり困ってる感を醸し出しながら)
Ok!大丈夫!落ち着いて、18:30のフィレンツェ行きがあるからそれにかえるわね
と無料で切符を変更!わーい!ありがとう!

と思い、ホームで電車を待つも、一向にこず(笑)
それもそのはず、全ての電車が遅れているのだから。

うーん、暇だし寒い…とりあえず雪の積もったホームを散歩しようと、散歩すると、18:30発フィレンツェ行き既にホームに止まっているじゃぁありませんか!
掲示板に出てないだけかいっ!
と突っ込みつつ、車内へ。
あったか~い
そして出発を待つこと30分。
19:00頃にようやく動き出すも、次の駅であるMestreの手前で止まる…
まぁいつか動くか~。
と気長に待つこと一時間(笑)
うーん。動かない。

すると、後ろから聞こえてくる日本語!
聞き耳をたてるとどうやら、
フィレンツェへ観光しに行く女の子たちが、昨日フィレンツェ観光をしてきた男の人から、観光案内を受けてる模様。

えー何それ!ずるい!私も女の子達と話したい!と思い(笑)
私も会話に混ぜてもらっていいですか?
とかなり男の人に対してKYな行動をとる(笑)
フィレンツェの見所や、自己紹介なんかしつつ、和んでいると、電車内の電気がきれる(笑)
落ち着きをはなっているイタリア人(正確にはお喋りしている)とざわめく日本人
しばらくすると、電気はついて、
ちょっとこんなに雪積もってるし、イタリアの電車が動くわけないから、一回Santa Lucia 戻るわ
というアナウンスが…
多分この時点で出発してから二時間はたっている(通常Mesreまでは15分程度でつく)
Santa Luciaへゆっくりと時間をかけてもどるも、特にこれと言った説明もなく、チーム日本人は、何がおこったの状態。というわけで、タバコすいついでに駅員に聞いてくる!と颯爽に電車を降りた私。

ねぇねぇこの電車動くの?
2,3時間したら動くよ
絶対?100%?
動く、動く。(めっちゃめんどくさそう)
うーん、わかった、ならこの電車の中で待ってればいいわけね。もう一回聞くけど絶対動くんでしょうね?
そう信じようよ

えー!最終的になんか神頼みきたー!
と思いつつも、車内にいたチーム日本人に報告。
すると、他にも日本人がいたようで、感謝されて、満更でもないない私(笑)
因みに私含め7人の日本人が同じ車両に!

2等の切符だったのですが、1等用のドリンクと、お菓子を配りにきてくれたので、
コーヒーある?
と聞くもおいておらず、少しテンションが下がる(笑)
因みにイタリア人は、コーヒー買いに外に出ていってました(笑)
あと、他の便に乗るはずだった人たちも電車に乗り込んでくるので、指定席にも関わらず、席がかぶりまくりで、
私達の席の切符を持っていた外国人にめちゃくちゃキレられました…
英語で、ここ俺らの席なんだけど、チケットみせてみいや。
と言われたところで、席あってるもんね~。と
イタリア語はなせる?イタリア語で言って。なにいってるか解らん
と言うもガン無視して英語で話しかけられたので、きっと外国人だったのでしょう。
うーん、イタリア人の落ち着きっぷりを少しは見習いたいものですな。
イタリア人はめっちゃお喋りしてたり、コーヒー飲んでたり、お菓子食べたりで、修学旅行のノリでした(笑)

電車は動いたのですが、再び止まったりしつつで結局6時間以上電車の中で過ごしたのでした(笑)

そして、最後にペットボトルの水と、ジュース、お菓子のが入った紙袋をもらいました(笑)
私的には、やるじゃん!イタリア人!という印象を受けたのですが、日本人方々には、こんなん詰めてる暇があったなら、状況説明して欲しかった…という評価でした。
確かに、駅員が、車内をまわって説明という事は一切なかったです(笑)

因みに女の子達と仲良くなり、ツアーじゃなく、自分たちで全てを手配したため、ホテルがキャンセルになっていないかとすごく心配していたため、付き添いというなのもとに、説明係りとしてホテルまで同行しちゃったりしました(笑)博多弁可愛すぎて胸キュン(笑)
次の日もフィレンツェで偶然会えたりと、私にとってはなかなかいい経験ができたかな~と言ったところ、過ぎてしまえば良き思い出!

ただ、ヴェネツィアはいつかリベンジしたいです(笑)
私的にはヴェネツィアよりシエナのがいい街だと思うのですが、どうなんでしょうか。
ヴェネツィアに幻想を抱きすぎたかな~。
スポンサーサイト

いざピサからイギリスへ! - 2013.01.01 Tue

午前の便でピサから出発だった私達は、眠い目をこすりながら、ピサ空港へ。

フィレンツェからピサへの移動は、terravisionというバスを利用。

サンタマリアノヴェッラ教会を背にして、駅前左側に、
Terravisionと書かれたカフェがあるので、そこからチケットは購入可能。
カフェスペースの奥にチケットカウンターがあります。
片道6ユーロ、往復10ユーロです。

往復のがお得ではありますが、時間指定必須なので、往復のがいいとは一概には言えないかな~

運転手からも購入可能ですが、席が予約で埋まっている時は、購入できないので注意。
ネットからでも購入可能。

発着はカフェの前の道路挟んだ所からですが、お正月の特設会場設置のため、マクドナルド側からの出発でした。

乗り心地は、正直微妙(笑)

ピサ空港はかなりこじんまりとした空港なので、迷うことはないと思います。

ただ、私達はここでちょっとした問題をおこす・・・

Easyjetでの利用だったのですが、荷物をあずけ、ご飯を軽く食べたりトイレに行ったりしてたわけです。

そしてそろそろ出国審査を受けるか~と出国審査を受けに行ったのですが、

良くも悪くも旅慣れしているせいか、マイペースなせいか、

搭乗締切の時間をすっかり忘れていたのです

出国スタンプを押してくれるところに急いでいくも、
閉まっている

すると近くにいたイケメン係員が、出国スタンプ押してくれるおじちゃんに、
もう閉まった?
と聞いてくれたのです。

以下イケメンおっちゃん私(脇役)の会話
閉まった!閉まった!
どうしてもだめかい!?
もう時間はすぎただろ!
どうしよう。今日行かなきゃいけないのにどうしてもダメ?お願いします。
なぜ?この子達はロンドンにいかなきゃいけないんだよ!いかせてあげて!
(無言で、スタンプ押す部屋に入り)早くこい!こい!(くわえタバコで適当にスタンプを押す)
良かったね!良い旅を!さぁ急いで急いで!
ありがとうございました!明けましておめでとう!さようなら~

と言った具合で無事出発できることに。

Meno male

そしてeasyjetは、機内サービスが全て有料!
飲み物も、食べ物も、音楽も聞けません。椅子も倒せなかったような。

その分安く運行しているのですが。
別に、いらないや~だなんて思っていたのですが、
starbacksの文字が!
初のポンドでのお買い物は機内でのstarbacksコーヒーでした。
あぁ久しぶりに会えたよ。

無事Gatwick空港につき、空港の大きさに驚き、イタリア語が全く抜けきれていない私は、入国審査で、YESのところを何回もSIと連発していて、友人と職員に笑われる。

たった三ヶ月だけれど、慣れって恐ろしい。

そして、私達はアールスコートに宿をとっていたため、easybusという空港からアールスコートに向かうコーチに乗りました。
オレンジ色が目印のワゴンです。
予約していなかったため、運転手から直接切符を購入。
偶然席が空いていてラッキー。

ギリギリのところで、うまく行くあたりが、きっと私達を無計画にさせるのでしょう。

そして、私のイタリア語グセは、最後まで抜けなかった旅でもあります。

長くなるので、日記を分けます。

buon anno! - 2013.01.01 Tue

明けましておめでとうございます。

今年の年越しはいつもと違い、初の海外!イタリア!

一体どんなものやら。
と思っていたのですが、
それはそれはもう。かなりの。
お祭り騒ぎ

人はいっぱいだわ、爆竹は所構わずなってるわ、皿や瓶がそこらじゅうで、割れてます(笑)

5箇所の広場でコンサートもひらかれていたり。


シニョーリア、レプブリッカ、駅前しかわからなかったですが。

飲んだくれまくりの、見知らぬイタリア人達と、おめでとうをかわしたりと、かなりたのしかったです。
驚いたのは、子供からお年寄りまでいたこと!

みんな元気だ!

因みに大晦日でも、お店はやってましたー。
友人が革ジャンかいたがっていたのでお店があいてるか心配だったのですが、露店は5:00頃には片付け始めていたものの、年末もお買い物可能です。
スーパーも8:00迄開いてました。

そして泊まったホテルがかなり豪華でした。

遅くまで遊びのみまくりな酔っ払い状態でホテルに3:00頃ついたため、次の日8:00には出なきゃいけないと言うプレッシャーを感じつつ、いつの間にか寝てしまった私達。

6:00に起きて、寝不足なのか二日酔いなのか訳わからない状態で、お風呂に浸かったり、パッキングしたりしてフラフラになりながら駅前へ。

イタリア人もやるときはやるのね!
というくらい大分綺麗に片付いていました。
そして、夜の事が嘘のように静かで、清掃員以外街にいないくらい!
普段観光客ばっかりなフィレンツェでは貴重な体験!

年越しと共にホテル取り忘れ事件はすっかり笑い話として話していた私達。この先ハプニングが起こるとも知らずに(笑)
珍道中はまだまだ続きまーす!

イタリア道中膝栗毛 - 2012.12.31 Mon

歳をとるとどうしても、保守的になってしまう。
とこの前22になったばっかりの私がいうのも馬鹿げていますが。

経験のないことには尚更臆病になってしまいます。

この留学しかり。

ただ、実行して見たら、意外と不安は何処かに消えるもので、終わった時には、なーんだ簡単なことじゃないか。
と思うのですが、一歩踏み出す勇気を出すのが難しいんですよね。

留学を決めたあとも、見知らぬ土地と言葉が通じないことから、
バスや電車の切符を買うのも、乗るのも、宅配便を送るのも、ドキドキがいっぱいです。


何が言いたいかというと、イギリス旅行に行くのです。年明けに。

初のイギリス!初の海外から海外への空旅!初のイージージェット(格安航空会社)!

初めてづくしで私のキャパシティではどうにもならない。

私の情報によると敵は英語を話すらしい!
恐ろしや~

本当無理無理。英語とか無理無理。

英語苦手すぎて、英語話せる人皆憎い(笑)

私がバイトしていた所は、お客さんで外国人の方が、結構多いお店だったのですが、
できる限り、目線を合わさず、注文をとらないようにしていました(笑)

英語で頑張って話しかけたら、全く通じず、
えっなになに?なんていったの?
と流暢な日本語で返されたあの忌まわしき事件で私の英語に対する苦手意識が、増幅されたきがします。

どうせ私の英語は日本人独特のローマ字読み的発音ですよーっと。


何故イギリスに行くのかというと、30日から3日迄友人が遊びにきているので、イタリア+イギリス旅行ということに。
そして便乗して今ホテルにいます(笑)

何とリッチなことか。

大きな声では言えないのですが、初日からハプニングが(笑)

友人を駅まで迎えに行き、事前にメールでやり取りしていたホテルに向かうも場所がわからずオロオロ。
そして、無事ホテルについたと思ったら、予約が入っていなかった(笑)

伝達不足で、勝手にお互いがホテルを予約したものだと勘違いしていたのです(笑)

最悪ホームステイ先のマンマに事情を説明したら、とめてくれそうだなぁ~。
なんて考えていたのですが、無事ホテルゲット。
当日だからか、三分の一価格でした。
本来ならば泊まれないような、なかなかいいホテルに宿泊。
ただ一泊分しか空きがなかったので、明日のホテルを再び探す。

当日まで待てば、また安くなってるかもね~なんて呑気な発言をかましつつも、一応今日おさえました。

当初泊まるホテルの予算より10ユーロ程度オーバーする結果になってしまったものの、ランクで言えば、桁違いのホテルを抑えられたので、ラッキーかなぁ。だなんて呑気に構えてます。

今となっては笑い話。
無計画さがうかがえますが。

1日にはイギリスに旅立ちます!
帰りは現地解散なので、私は一泊して帰るのですが、大丈夫なのだろうか。不安。

まぁ今回はちゃんとホテルも抑えてるし大丈夫でしょう(笑)

今日はフィレンツェ主要箇所を周り、晩ご飯を食べたあと荷物を取りに我が家へ。
マンマが起きていて、何か飲んで行きなさい。と言われたので、コーヒーとパンフォルテを友人といただきました。

友人とマンマに通訳しながら、私も成長したものだなぁと。

ホテルに戻って再び酒盛りのはずが、爆睡の友人。

タバコ吸いに外に出たら、イタ男にライターかして欲しいと言われてライターかしたら、缶ビールもらいました(笑)
そこからお決まりの、ナンパ(笑)

イタリア語の練習も兼ねて、かわしながら話しつつ、何事もなく別れを告げてホテルにもどる。

明日泊まるホテルにチェックインとチェックアウトの時間を、通常時間外にして欲しいとのメールを送ったりして今に至るのですが、問題が一つ。

全く眠くない…

再び田舎へ - 2012.12.25 Tue

再び田舎にきています。

今回は電車!そしてちょこっと車。
酔わなかったのですが、もう完璧にマンマの中で私は車酔いマンとかしているので、過剰なまでに心配されてちょっと鬱陶し…いや、何でもないです。

お昼ご飯は珍しく?魚介類。
プリモのパスタはペスカトーレ、セコンドには暖炉で焼かれたおっっきな海老と白身魚のフリットとイカリング。

海老おいしー( ̄▽ ̄)


話は変わりますが、イタリア語でも日本語と同じく、母音を伸ばして、けだるく話すと、相手を小馬鹿にした感じに聞こえます。
お上品な言い方ではないので、オススメできませんが、私は結構好きです(聞く分に関して

そして街を散策。





散策中私の頭の中には、宮崎駿というワードが終始浮かんでおりました(笑)


因みに私は、耳をすませばが一番好きです。
ってこれは駿じゃなかったですっけ?

住むには坂道多いと、辛いですが、坂道の多い街って素敵ですよね!

とっても小さな街なので、ほとんどマンマの顔見知り。
マンマについて行って、クリスマスプレゼントを届けにいったりしたのですが、初対面の外国人の私に対して、距離を置かずに、
お家によって行きなさいな。さぁ入って入って!
と、当たり前のように言えるイタリア人ってすごいなぁ。
イタリア人にも人見知りっているのかしら。

そして、次の日のお昼には、朝〆られた豚のリブを暖炉で焼いたワイルド料理をいただきました。美味。
屠殺場(事後)も見せてもらい、久しぶりに仏教徒としての自覚を取り戻しました。いただきます。ってとっても大事な言葉。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yuyuko

Author:Yuyuko
ガイドブックや文法書には書いていない、イタリア情報をお届けしてます(*☻-☻*)
現実逃避でフィレンツェまできちゃいました。
si può fare! 為せば成る成さねばならぬ何事も。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カテゴリ

日々是徒然 (46)
留学情報 (17)
イタリア情報 (18)
イタリア観光 (10)
イタリア語 (18)
学校生活 (6)
イタリア文化・日本文化 (6)
イタリア映画 (3)
旅のしおり (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

何かありましたらこちらからお願いします。

検索フォーム

FC2カウンター

ランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1745位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
405位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。