topimage

2012-12

イタリア道中膝栗毛 - 2012.12.31 Mon

歳をとるとどうしても、保守的になってしまう。
とこの前22になったばっかりの私がいうのも馬鹿げていますが。

経験のないことには尚更臆病になってしまいます。

この留学しかり。

ただ、実行して見たら、意外と不安は何処かに消えるもので、終わった時には、なーんだ簡単なことじゃないか。
と思うのですが、一歩踏み出す勇気を出すのが難しいんですよね。

留学を決めたあとも、見知らぬ土地と言葉が通じないことから、
バスや電車の切符を買うのも、乗るのも、宅配便を送るのも、ドキドキがいっぱいです。


何が言いたいかというと、イギリス旅行に行くのです。年明けに。

初のイギリス!初の海外から海外への空旅!初のイージージェット(格安航空会社)!

初めてづくしで私のキャパシティではどうにもならない。

私の情報によると敵は英語を話すらしい!
恐ろしや~

本当無理無理。英語とか無理無理。

英語苦手すぎて、英語話せる人皆憎い(笑)

私がバイトしていた所は、お客さんで外国人の方が、結構多いお店だったのですが、
できる限り、目線を合わさず、注文をとらないようにしていました(笑)

英語で頑張って話しかけたら、全く通じず、
えっなになに?なんていったの?
と流暢な日本語で返されたあの忌まわしき事件で私の英語に対する苦手意識が、増幅されたきがします。

どうせ私の英語は日本人独特のローマ字読み的発音ですよーっと。


何故イギリスに行くのかというと、30日から3日迄友人が遊びにきているので、イタリア+イギリス旅行ということに。
そして便乗して今ホテルにいます(笑)

何とリッチなことか。

大きな声では言えないのですが、初日からハプニングが(笑)

友人を駅まで迎えに行き、事前にメールでやり取りしていたホテルに向かうも場所がわからずオロオロ。
そして、無事ホテルについたと思ったら、予約が入っていなかった(笑)

伝達不足で、勝手にお互いがホテルを予約したものだと勘違いしていたのです(笑)

最悪ホームステイ先のマンマに事情を説明したら、とめてくれそうだなぁ~。
なんて考えていたのですが、無事ホテルゲット。
当日だからか、三分の一価格でした。
本来ならば泊まれないような、なかなかいいホテルに宿泊。
ただ一泊分しか空きがなかったので、明日のホテルを再び探す。

当日まで待てば、また安くなってるかもね~なんて呑気な発言をかましつつも、一応今日おさえました。

当初泊まるホテルの予算より10ユーロ程度オーバーする結果になってしまったものの、ランクで言えば、桁違いのホテルを抑えられたので、ラッキーかなぁ。だなんて呑気に構えてます。

今となっては笑い話。
無計画さがうかがえますが。

1日にはイギリスに旅立ちます!
帰りは現地解散なので、私は一泊して帰るのですが、大丈夫なのだろうか。不安。

まぁ今回はちゃんとホテルも抑えてるし大丈夫でしょう(笑)

今日はフィレンツェ主要箇所を周り、晩ご飯を食べたあと荷物を取りに我が家へ。
マンマが起きていて、何か飲んで行きなさい。と言われたので、コーヒーとパンフォルテを友人といただきました。

友人とマンマに通訳しながら、私も成長したものだなぁと。

ホテルに戻って再び酒盛りのはずが、爆睡の友人。

タバコ吸いに外に出たら、イタ男にライターかして欲しいと言われてライターかしたら、缶ビールもらいました(笑)
そこからお決まりの、ナンパ(笑)

イタリア語の練習も兼ねて、かわしながら話しつつ、何事もなく別れを告げてホテルにもどる。

明日泊まるホテルにチェックインとチェックアウトの時間を、通常時間外にして欲しいとのメールを送ったりして今に至るのですが、問題が一つ。

全く眠くない…
スポンサーサイト

イタリアから日本へ宅配~報告編~ - 2012.12.30 Sun

どうやら無事に郵便局で送った荷物が届いたようです。

前回記述したように
合計金額を30ユーロ程度、ユーズド表記
で書いたからか、受け取りの際に関税取られるようなこともなかったようです。

そして宅配便の内訳は
牛革の鞄(型押しでクロコ柄)
蛇革のベルト(化粧箱に入れて)
陶器の灰皿×4
ガラス飾りがついたコルク×3


だったのですが、割れ物も割れずに無事到着
そして鬼門の蛇革ベルトも届きました。蛇革って種類によっては、日本に持ち込めなかったような気がしたので。

郵便局で書く紙の記入方法は

赤字が送り主の情報
青字が送り先の情報
全てローマ字で記入。

愛知県名古屋市あてだったためcittà のところは、AICI NAGOYAとありますが、状況に応じて変えてください。
そしてCittàが都道府県名なのか、都市名なのかわからず、両方記入しました。
最悪郵便番号でわかるだろうと(笑)

緑で囲まれたところは、内容物について

左から、名称、数量、金額

書く欄が3つしかなかったため、コルクについては記入せず。
灰皿よりもソープディッシュって書いた方がいいかしら?とソープディッシュと記入しました(笑)
そして、箱詰めしたのがだいぶ前だったので数量が思い出せず、4個のところを3個と記入してしまいましたが、大丈夫だったようです。

そして、右上バーコードの下に黄線でひいてある番号は、
イタリア郵便局ホームページから追跡する時に使えるとか使えないとか。
私が試したところ、できなかったですが、iPadからだからかもしれません

クリスマスシーズンの13日のお昼過ぎに出して、27日のお昼頃届いたようです。

おばちゃまに10日程度で届くと言われましたが、実際かかった日数は14日

まぁ許容範囲でしょう。

ただ、パッコオルディナーリオという方法であれば、もう少し安く送れるようなので、機会があれば、この方法についても聞いて見たいと思います。
多分私は特に指定せず、日本に送りたいとだけ伝えたので、パッコチェネーレという方法で送られたのだと思います。

海外から日本に宅配便を送るなんてことは初めての経験で、
どうしたらいいのだろう?
とネットで検索しまくるも、1から10迄知らなければ心配な私にとって、細かなやり取り迄はわからなかったりしてヤキモキしたのですが、

このブログが私のような方のためにお役に立てたら光栄です。

できる限り詳しく書いているつもりですが、もし不明瞭な点があれば、拍手やコメントから、質問していただければわかる範囲でお答えしますので、お気軽にご質問してくださいまし。

再び田舎へ - 2012.12.25 Tue

再び田舎にきています。

今回は電車!そしてちょこっと車。
酔わなかったのですが、もう完璧にマンマの中で私は車酔いマンとかしているので、過剰なまでに心配されてちょっと鬱陶し…いや、何でもないです。

お昼ご飯は珍しく?魚介類。
プリモのパスタはペスカトーレ、セコンドには暖炉で焼かれたおっっきな海老と白身魚のフリットとイカリング。

海老おいしー( ̄▽ ̄)


話は変わりますが、イタリア語でも日本語と同じく、母音を伸ばして、けだるく話すと、相手を小馬鹿にした感じに聞こえます。
お上品な言い方ではないので、オススメできませんが、私は結構好きです(聞く分に関して

そして街を散策。





散策中私の頭の中には、宮崎駿というワードが終始浮かんでおりました(笑)


因みに私は、耳をすませばが一番好きです。
ってこれは駿じゃなかったですっけ?

住むには坂道多いと、辛いですが、坂道の多い街って素敵ですよね!

とっても小さな街なので、ほとんどマンマの顔見知り。
マンマについて行って、クリスマスプレゼントを届けにいったりしたのですが、初対面の外国人の私に対して、距離を置かずに、
お家によって行きなさいな。さぁ入って入って!
と、当たり前のように言えるイタリア人ってすごいなぁ。
イタリア人にも人見知りっているのかしら。

そして、次の日のお昼には、朝〆られた豚のリブを暖炉で焼いたワイルド料理をいただきました。美味。
屠殺場(事後)も見せてもらい、久しぶりに仏教徒としての自覚を取り戻しました。いただきます。ってとっても大事な言葉。

田舎に泊まろう - 2012.12.22 Sat

私の滞在先は、ホストママと大学生の息子さんが住んでいて、ホストパパはというと、田舎で農業を営んでます。
マンマは週末にパパの元へ行くのですが、パパがフィレンツェのお家に来るのはぐれメタルレベルでレアです。(二回しかあったことがない)

そのような環境なのですが、
マンマに明日田舎に行くけど、どうする?
と聞かれたので、ついて行くことに!

冬休みですっかり遅起きが染み付いてしまった私は、眠さが残ったまま車に乗り込む。
そんなテンション低めな私を見てか、
マンマに車酔いは大丈夫かを聞かれ、
えっ車酔い?しないよー!
と言っては見たものも、結果的に酔う。

途中迄は大丈夫だったものの、約3時間の旅路の後半、ウネウネ道と登り下りのコンボ。
イタリア人って乗り物酔いしないのかな...
日本と走る向きが逆なのも酔う原因かも。


ただ景色はべらぼうに良し!



湖に見える白い部分は、なんと霧!
途中で車を止めて撮影。
因みにこの写真の時はまだ元気でした。

吐き気と戦いながらもなんとか無事到着!



いなかだー!

そして家が大きい!

私にあてがわれたお部屋には一人ではもったいないサイズのベッドが。

お金持ちになったみたい(*☻-☻*)


家のみならず、広大な畑!
オリーブ、を始め、トマト、キャベツ、玉ねぎ...沢山の野菜を栽培といいますか、自然に任せて育てています。と言った感じです(笑)
香草もその辺に生えまくりです。

オリーブオイルとワインの貯蔵庫も見せてもらいました。


動物もいっぱい。
犬(1匹)、猫(10匹位)、鶏(数えきれない)、七面鳥(5羽位)、ウサギ(親3羽と子供が3羽)、豚(4匹)



猫好きな私にとって天国(*☻-☻*)
追いかけ回しては、引っかかれを繰り返したら、最終的にお腹を見せてくれる迄懐いてくれました。
ただ一杯いすぎ+イタリア名前で、名前と猫が一致せず。ビアンキーナちゃんだけ覚えれました(笑)あと犬のトビー。

そして、あまり構ってあげられなくて、拗ねてしまったのか、おむろにワンコが
見て見てー褒めてー!と言わんばかりに、ヒヨコから少し成長した程度の鶏を咥えてご登場。
自然の摂理を学びました。

マンマに発見されて、猛烈に怒られているワンコを尻目に、
救済されたはずの、鶏ちゃんが今度はニャンコに咥えられている。
鶏ちゃん、無防備すぎる・・・

今度はちゃんと親元まで届けに行き、しっかりニャンコもマンマに怒られていました(笑)


お家に帰ってからは、クリスマスの飾り付け。
イタリアのクリスマスはお馴染みのクリスマスツリー以外にプレゼピオという、キリスト誕生の場面のジオラマのような物を出します。



(フィレンツェのドゥオーモ前にもおっきなプレゼピオが出ています)

ただ、プレゼピオに関しては、温度差があるというか、キリスト教については聖お兄さん程度の知識しかないので、説明されても、イマイチ伝わらないと言いますか。
でも、お店屋さんでも売っているのを良く見かけます。

ありがたみとかは、無神論者の私には良くわからないけれど、レパートリーも幾つかあって可愛い...(*☻-☻*)

他にも、リビングには暖炉があったりと、想像通りの西洋がそこにはありました(笑)
フィレンツェは良くも悪くも観光地なので、ちょっと違う。

鶏と教会の鐘の音で目覚め、猫と戯れ、自家製のワインとオリーブオイルやプロシュート、チキンをいただく。
いただきます。と食べる前に言う必要性が身にします。

なんだかんだ言いつつも、住むなら都会派ですが、車酔いさえ除けば、経験としてはとても素晴らしかったです(ちゃっかりと、帰り道も車酔い)

compleanno a Firenze - 2012.12.21 Fri

前述したように、すっかりクリスマスなフィレンツェ。
きっと日本も同じでしょう。

そんな中、私の誕生日は12月20日。

盆と正月一緒にきたよなてんやわんやの大騒ぎ。
と言いますが、私は更に誕生日が加わる(笑)

坊主も走らず、車を使うくらいの目まぐるしさです。
誕生日の包装がクリスマス向けだったりが日常茶飯事。

そんなわけで、誕生日をここフィレンツェでむかえました!

昼間は、クラスメイトと一緒にピッツェリアに。

友人がカメリエレに、今日は誕生日なの!
と伝えたからか、出てきたピッツァがなんと


ハート型!!!

おまけにロウソクまでつけてもらっちゃいました。

イタリア人のこういうところって凄いなぁと感心させられます。
ピザ焼いてたおじちゃんのしゃがれた声でのハッピーバースデーソング付き(笑)

こういうことがさらりと出来るって感心(二回目)


お友達からはこんなに可愛いチョコレートをいただきました。

食べるのがもったいない!

お店を出る時に、店員さんが、
写真をとってあげるよ!
と言ってくれたので、喜んでカメラを渡すと

そのカメラを近くにいたお客さんに渡して何故か

店員さん真ん中の3ショットを撮影(笑)

イタリア人のこういうことが、さらりとできちゃう所は本当に感心します(三回目)

そして、晩御飯は、マンマの本気だしすぎなフルコース(笑)

アンティパスト
・クロスティーニ
・ブルスケッタ数種類
・トマトのマリネ
・ルッコラ
プリモピアット
・トマトベースのラビオリ
・クリームベースのラビオリ
セコンドピアット
・ステーキ(付け合わせにパン)
・グラタン(濃厚なベシャメルソース)
・サラダ
そして、ケーキ!!!

お腹いっぱいです(笑)
私はどちらかといえば大食いなので(ラーメン屋いったら必ず白米頼む)、何とかケーキ迄ありつけましたが、一般的日本人女性であれば、プリモで挫折するレベルだと思います。


写真を撮るのを忘れたのが、残念ですが、どうやら私は記録より記憶派(笑)なので、比較的写真ってあまり取らないのですよね。ついつい忘れちゃう。
昼間もほぼ友人のカメラによる撮影。

筆まめならぬカメラマメになりたいと思います。

素敵な誕生日が迎えられて、sono molto felice(*☻-☻*)

イタリアクリスマス - 2012.12.19 Wed

日本でクリスマスと言えば、クリスマスケーキ!

幼い頃は対して美味しくもない、サンタクロースの飾りを兄と奪い合ったものです。

そしてイタリアのクリスマスと言えば
パネットーネ

パネットーネとはパンのような、シフォンケーキのようなものの中に、ドライフルーツが入ったお菓子です。


テレビCMや、スーパー至る所で目にするこのパネットーネ。

スーパーに寄ったらこんなに可愛らしい缶に入ったパネットーネが売っていたのでついつい購入(笑)

ペットボトルとくらべていただけるとわかるように結構な大きさです。

缶ほしさに買ってしまったものの、帰国時荷物になることうけあい(笑)

でもこれで700円弱なのだから、お買い得だと思います。

ドゥオーモ前もクリスマスツリーが出たりと、お祭り気分でとっても賑やか。


でもマンマ曰く今年は、景気が良くないから、例年に比べると小規模なんだそうな。
とはいっても、景観もあいまって十分すぎるほど私には煌めいて見えます。


余談ですが、スーパーでパネットーネを購入した際レジのおばちゃまに、金額や、袋いるかなどを英語で言われて、
?????状態になってしまいました(笑)

cambi il modo di pensare! - 2012.12.19 Wed

冬休み入って特にすることないなぁ。

だなんて思いながら、教科書を開いてみるも、
何をすればいいのかさっぱり~( ´ ▽ ` )ノ

義務教育中に勉強してこないと勉強方法がわからない。

というわけで、放置していた本を読んだり、散歩してみたり。

あと、自分が思っていることを、イタリア語ではなんていうのかな~だなんて考えながら、ダラダラと過ごしています。

辞書で気になる単語を調べて、例文を読んでみたり。

語学を習得する上で、大事であり、難しいことは
考え方を変える
ということだと思います。

先日日記に書いたSiとNoもその類。

私はかなり日本人気質な考え方なので、これが非常にネックであります。

イタリア人は
だからどうするのか。どうしたいのか。
という事に重きをおいている気がします。

日本人は、この前これこれこういうことがあって~。だからこういう気持ちなの~。でもあれがこれでこれだからさ~
と過程に重きをおいていると思うのです。
自分が女だというのもありますが、特に女の子の話す会話とかが典型だと思います。

ゆえに、イタリア語でどういうのだろうか。と調べても、イマイチしっくりくる単語が出てこないこともしばしば。

一応ってイタリア語でどういうのだろう?と調べてみたものの、
Comunque や、per il momento...などが出てくるのですが、どれもピンと来ず。
そもそも一応という単語は
自分は努力してみたけれど、確かではないから、私のせいにしないでね。
と言ったような、結構無責任な言葉だと思うのです。
その分便利でもあるのですが。

イタリア人はこういうニュアンスの言葉は使わないのでしょうかね。

イタリア人的に言えば
私は努力したけど、駄目なら私のせいじゃない!だって私は努力してあげたんだから、何か文句あるの!?
といった感じでしょうか(笑)

あくまで!私の意見です(笑)

あくまで もそうですが、日本語の曖昧ニュアンスって便利すぎて、ついつい使ってしまいます。

イタリア語と漫画と私 - 2012.12.17 Mon

拍手コメント返しの意味合いも込めての日記です。

児童書を読めば、勉強になるのでは、と結構前に本を購入。

できる限り文字が大きく、章節が細かく区切られている本を購入したのですが、一章で飽きて放置(笑)
A2レベル始まった頃に買ったので、接続法などが、まだわからず挫折してしまったんです。

そのあと、やっぱり話がわかっている方がいいよね!

ということで、漫画を購入。

漫画大好きな私にはちょうどいいし、会話の言い回しがわかるだろうと早速本屋へ。

北斗の拳や、ナルト、BLEACHなどなどある中で、
既読で一巻があるものにしようと
デスノートがあったのですが、8巻からしか置いてなかった上に、吹き出しの中の言葉の多さに諦め
何を血迷ったか購入したのが、

ジョジョの奇妙な冒険

第一部です。

早速読むぞー。
と読み進めるものも、

正直なところ、勉強になるのかわからない微妙な単語のオンパレード(笑)

Colpo(打撃)やsangue(血液)などなど。

知ってることに越したことはないのでしょうが、未だに使う場面は訪れておりません(笑)

フィレンツェの本屋さんはそこまで漫画が置いてなく、ルッカ行った時に買えば良かった~。と少し後悔(・・;)

でも上手く選べば、漫画は入り込みやすい勉強法だと思います。

それと、文法の使い所がわからない時は、ネットの力を借りたりしていたのですが、
もしかして拍手コメントしていただいた方は、某イタリア語のブログの管理人さんでしょうか?

もしそうでしたら、
遠過去の変化の覚え方はかなり参考にさせていただきました。
遠過去の活用にかなり頭を抱えていたので、テスト前に友人にも教えるほど目から鱗でした(笑)

イタリアから日本へ宅配 - 2012.12.15 Sat

フィレンツェはすっかりクリスマスモード。

ということで日本に宅配便でプレゼントを送ることに!

まず郵便局へ行き、局内にある、物販スペースで宅配用の箱を購入。

多分普通の段ボールでも大丈夫ですが、どこで段ボールを入手すればいいかわからなかったので。

そして箱詰め。割れ物が入っているため、厳重に新聞紙を敷き詰める。

郵便局で箱を購入すると、既に箱に住所を書くスペースが設けられています。
mittente
とあるスペースは送り主情報を記入します。
destinatario
には送り先情報を記入。

送り先に限り日本語でも大丈夫らしいので、日本語で記入。
送り先の名前のみローマ字で書きましょう。

記入が終わったら、かなり厳重にテープでグルグルして、それを郵便局へ持って行きます。

まずイタリアの郵便局は、番号札を取らなければいけないので、
入口付近にある機械のPのボタンを押して、受付番号をゲットしてください。

多分Pで統一されているかと思いますが、一応確認してくださいね。
Pacco ordinarioとか書いてあるボタンです。

待つこと十数分。

電光掲示板に自分の番号と、カウンター番号が表示されるので、指定されたカウンターへ。

私の場合
vorrei mandarlo per Giappone.
Ma non lo so,come si fa?

日本語にこれを送りたいのですが、どうすればいいのかわからないです。

とおばちゃんに言いました。
すると、

Via aereo? Via mare?
航空便か船便か聞かれるので、
はやく届くVia aereo航空便を選択。

すると二枚紙を渡されるので、それに記入します。

書いたことは
送り主の住所、名前、郵便番号
送り先の住所、名前、郵便番号
内容物の詳細、個数、値段
自分のサイン
です。

わからなければ、
dove devo scrivere?
どこに書く必要がありますか?
と聞きましょう。

正しいイタリア語かわかりませんが、私はこれで通じました。

あと、内容物の値段については、かなり適当且つ低めの数字を書いて、内容物の名前欄には、鞄ならば、
La Borsa è usata
使用済みの鞄
ということを記載しておきました。

あまりに高価なものだと受取人が税金を払わなければいけないらしいので、保険として。
あと、こちらの紙はすべてイタリア語で記入しました。
そして書き終わったら、
ho finito.
書き終わりました。と告げると、
重さを測ってもらい、お金を支払います。

郵便局で売っている一番大きい箱で4キロ弱で51ユーロ弱でした。

支払うときに、カードでは支払えないけど大丈夫か聞かれたのですが、
何を聞き間違えたか、

ここではお金を支払えないと思ってしまい、
えっ?どこで?
と言ってしまいました(゚o゚;;

オンリーキャッシュ

って言ってくれた(・・;)

そして無事に現金での支払いも済ませて控えを貰い終了です。

航空便で10日程度かかるそうです。

船便だとどれくらいかかるか聞かなかったのですが、多分二、三週間その分値段は安いはず。

一応初めての宅配便はこれにて終了。

問題は、日本に届くかどうかです。

届いたとの知らせがあれば、またブログにて報告させていただきます。

近況とウジウジ日記 - 2012.12.10 Mon

フィレンツェは更に冷え込み、毎朝、寒さと、布団から出なくてはという気持ちが戦っております。

そんなフィレンツェに初雪が!
すぐに雨に変わってしまいましたが。

名古屋でも雪が降ったとか降っていないとか。

そして日本での地震はこちらでも、ニュースになっていたらしく、マンマにもとても心配されました。
地元名古屋と関東在住友人に確認とったところ、大した被害は出なかったみたいで一安心です。

私事ではありますが、テストが終り、明日で年内の授業はおしまい。
あれ?この前テストしなかったけ?
と思うのは、授業が楽しくてあっという間だったからか、ちょっと自分のモチベーションの関係でA2レベルの時ほど勉強をしなかったからなのか。


ーーーココからウジウジさせてくださいーーー
そこまで躓くようなところは筆記ではないとは思うのですが、
ある程度レベルが上がった状態だと
会話の授業がかなり辛い。
いちいち会話の度に辞書をひけるはずもなく。
わかる単語から想像力をMAXにして会話を読み取る。
そして、スペイン語圏のイタリア語の話すスピードと、独特の話し方を理解するのに一苦労。(今のクラスは英語圏よりスペイン語圏の生徒が多い)

留学当初は全く話がわからずに、もう嫌だ~日本帰る~。だなんて思ったりもしましたが、それを糧にある程度勉強していたなぁー。だなんて思ったり。

ある程度理解できるからこその、自分の語彙力の無さに情けなくなるというか、寧ろもうイタリア語なんて見たくない!アルファベット嫌い!日本語通じろバカっ!
とそれはそれは、かなり自分のことを棚にあげて被害妄想炸裂。

自分から望んでこっちに来てるのだから、帰ろうと思えばいつでも帰れるんですが、逃げるのも嫌だし、かと言って勉強もしたくない!
というワガママ。

何が悔しいって、筆記は出来るんです。多分、クラスで一二を争うレベルで。
なのに会話となると、さっぱり。ってことに私のちっぽけなプライドが許せないんです。

だって筆記なら、やる気次第で、日本でも出来ることですもの。

そんな気持ちも一度は持ち直したのですが、テストが終わった今日。
何故か再び急降下。

マンマと話していても心ここにあらず。
ごめんなさい。今日は頭が働かないの。
と言ったら、マンマにも、そうね。
と言われるし。

寧ろ一ヶ月前のが、イタリア語話せてたかもしれない。
覚えたイタリア語を話すの楽しかったなぁ。

一度テンションだだ下がりの時にブログにあげるのもなぁ。というようなかなりウジウジウジ虫な日記を書いたのですが、その時よりかは幾分かマシですが。

何だか同じような気持ちが芽生えては消え、芽生えては消えています。
ジェットコースター状態。

うーんどうしたものかぁ。

今の私は、すれ違う幼稚園児が巧みに動詞の変化を使っているのを聞くだけで、傷つくくらい腐ってます(笑)

多分、器用貧乏、負けず嫌いゆえ、自分の思っているように行かないのがモヤモヤしてる原因かと思います。

あと今日は、郵便局で日本あてに宅配物を送ったので、come si fa?日記は別で書きまーす。

留学前に留学経験者に言われた、
二ヶ月ー三ヶ月の間に、何も話したくなくなる時期が来るから気をつけて!
と言われた意味を身をもって体験。

名古屋弁とイタリア語 - 2012.12.05 Wed

為にならないイタリア語講座のお時間です。

当たり前すぎることであろう間違いを冒しています。
そして間違えていることは理解しているのですが、ついつい間違えてしまう。

そうSINO

Non mangi la frutta?(フルーツ食べないの)
と否定で聞かれると、ついつい
Si、sono piena(はい、お腹いっぱい)

とついつい答えてしまう。

例え否定の質問でも、答えが否定ならNoで答えなきゃいけないんですよね。

という前述したようにかなり初歩的ミスです。英語も同じですよね。
ただ、どうも慣れない。

というかこれって可笑しくないですか?
+ × ー = ー
だと思うんです。
と算数を引き合いにしちゃいます。

食べないの?
いいえ、食べません。
ってやっぱり可笑しい!

物事をはっきり断るのが不躾とされる日本だから、日本語は、
肯定的返答で断ることにより柔らかい言い方になるようにしているのですかね。

何度マンマにどっちなの?と聞き返されたことか。とほほ。
あまりにも間違えるので、
日本では、はい。には、いいえ。の意味もあるねん。
と説明しときました。
説明する前に気をつけなはれや。

そしてただいま命令形を習得中でございます。

変化自体は、既に学習済みの、接続法や、現在形ととても似ています。
先生のエンリコも、簡単でしょ?と言っている。

が!似ているが故に余計にこんがらがるぞヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そうそう、旅のイタリア語に必ず出てくる
Scusi
(すみません。失礼します)これが命令形何です!

現在形の変化でscusare
親しい間柄には、scusi
目上の人には、scusa

あれ?でも旅のイタ語とかには
ScusiはScusaより丁寧な表現って書いてあるよ?

そう!なぜなら、Scusareは元々は許す。という意味。
命令形にすることで、失礼します。すみません。と言った意味合いになるのです。
そして命令形の変化では
親しい間柄に、scusa
目上の人に、scusi
と現在形と変化が逆転してるんです。

ややこしい( ̄◇ ̄;)

でもなんで語尾がAのScusaが丁寧な表現でないのだろう?と言った疑問が解消されました。

条件法のVorreiや命令形のScusiなど意外と知らず識らずのうちに、使っていた用法が多いなぁ。と勉強していて思います。

そして命令形補語人称がくっつくこともしばしば。
何?言ってみなよ!の意味のDimmiは命令形のDiと私にのMiがくっついてます。

例文ででてきたSpieghiamogliela
私達は彼にそれを説明しなきゃ。
という意味何ですが
スピエギャモリ"ェーラと発音。
クラスメイト達は、なんてこったい!発音難しすぎワロロン。と言った反応だったのですが、

名古屋人の私には余裕
どことなく名古屋弁っぽくないですか?(笑)

他にも私達はお金を払う。はパギャーモだったり、イタリア語って名古屋弁っぽい(*☻-☻*)

人生って素晴らしい - 2012.12.03 Mon

というわけで今日は念願のアレッツォへ!
そうあのLa vita è bella、ライフイズビューティフルの舞台になったArezzo!

フィレンツェからは電車で片道⒎8ユーロ、一時間半程度で行けます。

結構遠くね?と思ったあなた。
快速電車であれば一時間弱で行けます。
ただ切符は11ユーロちょい。

三回目の電車ともなると、もはや切符の買い方から、乗り方迄お手の物ですよ。
毎度お馴染みイタリアの電車の座席の直角具合も受け入れちゃいます。

そして!三回目の利用にして遂に!乗車中に検札のおじちゃんキター(*☻-☻*)

うおーやってて良かった検札機通し!

でも本当に大丈夫かちょっぴりドキドキしましたが、なんてことはなかったです。

というより何この無駄なギャンブル性
あらかじめある程度の罰金収入を見越しているとしか思えない・・・

そして無事検札が済んだ私はさらに電車に揺られつつ、窓の外を見て、気分はまさしく世界の車窓から。

すると隣に座っていたお爺ちゃまに
アレッツォには何時に着くか知っていますか?
と聞かれたのをきっかけに世間話。
会話が成立したことに、自信がつく通り越してちょっぴり調子づく私。

親切なこのお爺ちゃまに駅についてから、グランデ広場まではこの道を真っ直ぐ行けば大丈夫。との助言もいただき、別れを告げる。

でも実は、今回の目的は映画の舞台巡りだけじゃないんです!
毎月第一日曜日に開かれる蚤の市

蚤の市巡ラーの名を欲しいがままにしている私にとって待ちに待ったこの日。
そして期待を裏切らないどころか、想像以上の大規模!
中心地の殆どの道に連なっている露店!!勿論ライフイズビューティフルの舞台グランデ広場までも店!店!!店!!!

古書をはじめ、家具、衣服、装飾品、絵画、金物、ガラクタ何でもござれです。

何度も同じ道をグルグルと回りながら、吟味していると
Yu!
と呼ばれた気がしたので、顔をあげると電車のお爺ちゃまに再開(笑)
再び少しばかし世間話をして別れを告げる。

ただ、蚤の市、月に一度、小旅行気分。からか、かなーり絶妙なブレスレットを買ってしまいました。
修学旅行で木刀買っちゃうノリです。



蛇。蛇好きなんです。蛙とか。
ただふと我に帰ってしまった自分もいたり、もにょもにょ。
否!でも可愛いよね!

そして同じお店でブローチも購入


ブレスレットとブローチ買うから安くしてー(*☻-☻*)
と申し出るも、断られる。ショック。

そして別のお店で再びブレスレット


このブレスレットについているチャーム?は一つ一つ模様が違うのですが、どうやらアレッツォ内の各地区の紋章のようです。
どうやらアレッツォにもシエナのパリオのようなものがあったらしく(今もあるのか不明。そしてパリオのようなものが馬競争なのかも曖昧)故に、こういった地区ごとの紋章は中々重要なものとされているのだとか、いないのだとか。
あやふやで申し訳ないですが、シエナのパリオみたいな~からは、一晩寝たら全て綺麗に忘れてしまいました。
何も知らずに買ったのですが、夕飯時にマンマに紋章だということを教えてもらいました。


街の写真はデジカメでとったのですが、iPadとのアダプターが早速機能しなくなるという不幸に見舞われたため、写真は購入品のみ。

アレッツォの蚤の市かなりオススメです!
滞在中に行けるであろうチャンスはあと二回。(多分一月はお休みですよね?)
もう一度行きたいなぁ。

正確に言えば、4月19日までビザがあるもですが、大学をどうするか未だに決めかねております。そろそろ真剣に現実(日本での生活)と向き合わなきゃ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Yuyuko

Author:Yuyuko
ガイドブックや文法書には書いていない、イタリア情報をお届けしてます(*☻-☻*)
現実逃避でフィレンツェまできちゃいました。
si può fare! 為せば成る成さねばならぬ何事も。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カテゴリ

日々是徒然 (47)
留学情報 (17)
イタリア情報 (18)
イタリア観光 (10)
イタリア語 (19)
学校生活 (6)
イタリア文化・日本文化 (6)
イタリア映画 (3)
旅のしおり (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

何かありましたらこちらからお願いします。

検索フォーム

FC2カウンター

ランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1117位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
277位
アクセスランキングを見る>>