topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2012.10.16 Tue

昨日の日記の続きです


ミケランジェロ広場で雨に降られ、傘を手に入れた私は、疲れたし帰るか~と来た道とは違う道を選びながら歩いていると、

バラ園の看板を発見し、バラ園へと向かう。

季節のせいもあるのか正直バラ園という響きよりはショボ目のバラ園を進んでいると

日本庭園



という看板を発見!
(この日本庭園にはどうやら京都が絡んでいるらしい。さすが?日本でいう京都と言われるフィレンツェだけある。)


ほー日本人としては嬉しいですのぉ
と、日本庭園を目指す

イタリアにきてわざわざ日本人の私が何故日本庭園を見る必要があるのだろうか。とも思いながらも、せっかく歩いてきたのだしと到着したのは

思っていたよりも格段、素敵な所。

何より椅子があるのです。しかも屋根付き。

雨も降っているし、ちょっと休憩しますか。
と椅子に腰掛ける。


ここから見える景色がまた素敵。

日本らしい景色の隙間から少しだけ姿を覗かせているドゥオーモのクーポラがまたオツなものです。

誰も人が来なかったので長い間休憩していると、
イタリア人の男の子と女の子達が近くにやってきていました。

高校生くらいのその子達は、
あれって日本人かなぁ?

だなんて会話をしながら歩いてきていたので

イタリアの日本庭園に日本人がいるっという状況に、何とも言い難い恥ずかしさが湧きつつ、雨足も大分弱くなったことですし、そろそろおいとましましょうか、と腰をあげると

先ほどの青年達に
写真をとっていいですか?
そのまま座ったままで、傘も広げたままでいいので
と言われる。

どうやら一眼レフ持参の彼らは、写真のコンクールに送る写真をとりにこの日本庭園に来たらしく、
そしたら偶然にも、日本人が椅子に腰掛け、傘を閉じる面倒から足元にイタリア土産な傘を広げている。というこの奇妙な光景に出くわしてたらしい。

袖触れ合うも多生の縁というくらいです。
この出会いもまた何かの運命なのでしょう、と満更でもない私は
よござんすよ。
と軽く承諾。


こんなことならキチンとお化粧して来れば、毛玉マルケじゃない服きてこればなんて後悔の念も抱きつつも、パシャりパシャりと写真を撮られる。

最後に男の子に
ありがとうございます。
と日本語で、素敵な笑顔で言われなんだか心は晴れやか。

そしてあれだけ酷かった雨もいつの間にか上がっていました。

傘買ったのもったいなかったなぁ。
だなんて買った時はいい買い物したわ~と思っていた私の気持ちは何処へやら。

女心と秋の空。
フィレンツェは今日も雨がふったりやんだり。


秋晴れが待ち遠しい今日この頃です。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://michiamoyu.blog.fc2.com/tb.php/23-bc6c12bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フィレンツェからシエナへ(バスの乗り方) «  | BLOG TOP |  » 折り畳み傘を持ち歩こう

プロフィール

Yuyuko

Author:Yuyuko
ガイドブックや文法書には書いていない、イタリア情報をお届けしてます(*☻-☻*)
現実逃避でフィレンツェまできちゃいました。
si può fare! 為せば成る成さねばならぬ何事も。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カテゴリ

日々是徒然 (46)
留学情報 (17)
イタリア情報 (18)
イタリア観光 (10)
イタリア語 (18)
学校生活 (6)
イタリア文化・日本文化 (6)
イタリア映画 (3)
旅のしおり (4)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

何かありましたらこちらからお願いします。

検索フォーム

FC2カウンター

ランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1745位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
405位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。